私たちは、気候変動問題に取り組む草の根ムーブメントを構築しています

世界188カ国の「市民の力」で動いている、温暖化防止を求めるキャンペーン、プロジェクトやアクションに取り組んでいます。メールを登録して、350の活動に参加しましょう。

サインアップしていただき、ありがとうございます! メールを確認して次のステップへ進んでください。

いいね!

 

350 グローバルマップ

350 グローバルマップで世界中のローカルグループをチェックしてください!
マップを起動する

【アクション案内】G7議長国・日本はパリ協定の実践をリードすべき 石炭火力発電所への投融資を止め、再エネ推進を!

今月のG7伊勢志摩サミットに向けて、日本は残念ながらパリ協定で明確にされた世界の脱炭素化への流れとは逆行する方向に進んでいます。特に目立つ動きは国内での石炭発電所の新規計画、そして日本政府や銀行が海外の石炭関連プロジェクトに流す巨額な投資です。 このような状況をうけ、国内外の環境団体と連携し、日本の石炭発電所への支援の停止を求めるアクション「No More!石炭投資アクション」を企画しています。このアクションの呼びかけを共有させて頂きます。 【G7財務大臣会合直前 財務省・JBIC前等アクションのご案内】 G7議長国・日本はパリ協定の実践をリードすべき 石炭火力発電所への投融資を止め、再エネ推進を! 2016年5月17日  今年のG7伊勢志摩サミットの議長国として、そして地球温暖化対策の新たな国際的枠組み「パリ協定」の署名国として、日本は国際社会に必要とされている脱炭素社会の実現に向けた政策に真剣に取り組む責任があります。しかし、日本は最も温室効果ガス排出量が多い石炭火力発電所の新規建設49件を国内で計画しています。また、これまでにも日本の政府や民間の金融機関は海外における石炭火力発電プロジェクトに巨額の資金を投じ、現地で多くの人権侵害や環境破壊を引き起こしてきましたが、欧米各国や多くの金融機関が気候変動対策として海外での石炭関連プロジェクトに対する融資規制に動く中でも、日本政府は、まだ石炭火力技術の輸出を推進しようとしています。 このような状況を受け、G7財務大臣会合、そしてG7首脳会議に「持続可能な未来のため、現在新たに計画されている石炭関連プロジェクトへの投融資を直ちに中止し、 再生可能エネルギーに転換していく」というメッセージをしっかりと届けるため、下記のとおり、「No More! 石炭投資アクション」を行います。 また、G7財務大臣会合(5月20日)直前である5月19日の各アクション後には、日本政府に化石燃料への投融資停止をG7で公約するよう求める国際要請書(添付資料を参照。現在、国内外の市民団体から署名を募集中。)を財務省、および、国際協力銀行(JBIC)に提出する予定です。G7首脳会議前に開かれる、国際エネルギー機構(IEA)の高効率石炭技術ワークショップ会場アクション(5月23日)では日本が推進しようとしている「安くて」「クリーン」な石炭火力発技術の矛盾を指摘するメッセージを来場者に訴えます。この機会にぜひ、ご取材ください。 第一回目 日時:5月19日(木) 9:00~9:30 場所:財務省・正門前(最寄駅:東京メトロ 霞ヶ関) ※ アメリカ、インドネシア、インドなどの海外NGO数名も参加 ※ 9:30以降に、財務省・建物内で国際要請書提出(予定) 第二回目 日時:5月19日(木)12:20~12:50 場所:国際協力銀行(JBIC)前(最寄駅:東京メトロ 竹橋) ※ JBICが融資検討中のインドネシア・バタン石炭火力発電プロジェクト、インド・ダリパリ石炭火力発電プロジェクトの問題に取り組む現地NGOも「融資STOP」を呼びかける予定 ※ 13:00以降に、JBIC・建物内で 国際要請書提出 第三回目 日時:5月23日(月)9:30~ 場所:TEPIA イベントホール&会議室(最寄駅:東京メトロ外苑前駅) ※ 国際エネルギー機構(IEA)の高効率石炭技術ワークショップ会場 添付資料: 5月19日提出予定の国際要請書「日本はあらゆる化石燃料への投融資停止を公約すべき」 【本件に関するお問い合せはこちらへ】 ・アクションについて 350.org Japan(担当:棚尾真理絵EMAIL: marie.tanao@350.org TEL:090-2183-2113、 もしくは、 03-3230-7600 ・国際要請書について 国際環境NGO FoE Japan(担当:波多江)EMAIL: hatae@foejapan.org TEL:03-6909-5983、もしくは、090-8487-3161 (詳しく)
Coal Divestment East Asia Uncategorized

【ボランティアブログ】「本物に触れてみて」… by ゆうか

みなさんにボランティアスタッフのゆうかが書いたブログを紹介します。 素晴らしいメッセージなので、ぜひ最後までお読みになってください! *********** みなさんこんにちわ! 3月からボランティアスタッフとして活動しているゆうかです。 5/11(水)、日本の大学で初となる350.orgイベント「ダイベストメントって何?~大学編~」を開催しました! 会場となったのは、350.orgJapanのフィールドオーガナイザー清水イアンの母校となる、国際基督教大学 (ICU)! ICUでは、「E-weeks」と呼ばれる環境意識月間という期間があり、学生主体の様々なイベントが開催されます。 私たちのイベントでは、日本ではまだほとんど知られていないダイベストメントについてプレゼンを行い、その後には実際にダイベストメント運動をしている方3名をゲストにSkypeをしました。 そのゲストというのが、超豪華なんですよ。アメリカの超名門!スタンフォード大学の学生EmilyとJoseph、さらにオーストラリアの350.orgのRay。この3人と会場のみんなでSkype Talk ★ Skypeが繋がり3人の声が聞こえると、会場からは歓声が起こりました。 (本当に遠く離れた海の向こうと会話ができる、技術の進歩はすごいな〜と実感した瞬間でした。笑) さっそく軽い自己紹介から始まりました。 そこで驚き!実は Emily は日本に住んでたり、Josephは日本へ留学していたらしく日本語がペラペラ。さらに Ray はオーストラリア育ちだけど、大阪生まれ!なのでセッションは日本語と英語で行いました。みんなまじで日本語うまい。 *最初のプレゼンの様子*   Skype Talkでは、 なぜダイベストメント運動をしているのか 今までどのようにダイベストメントに関わるアクションをしてきたのか 質疑応答 を中心に話しました。   ≪スタンフォード大学のEmilyとJoseph≫  EmilyとJosephは大学でダイベストメント運動をしているチームと直前までミーティングがあったようで、そこでスタンフォードを石油・ガス・タールサンドからもダイベストさせるために、「もっとアクションのレベルを上げよう!」と話していたらしいです。(ちなみに、2014年にはダイベストメント運動の効果があって、スタンフォードは石炭からダイベストメントしています!)とても楽しそうに語るEmilyでしたが、スクリーンを介してすら莫大なエネルギーを感じました。    Joseph は今大盛り上がりを見せている 「Fossil Free Stanford」(スタンフォードのダイベストメント運動をリードしているチーム) の創設メンバーの一人。スタンフォードで一年生の頃に友達と一緒に運動を立ち上げたそうです。「アクション」を起こすことへの彼の思いは本当に強く、日本の人にはもっとアクションをとってほしい!と語っていました。   (Fossil Free Stanfordの運動の様子をぜひのぞいてみてください!一番最近行ったアクションを写した動画もアップされています。) ≪350.orgオーストラリアのRay≫ 現在Rayは350.orgの職員ですが、学生時代にもダイベストメント運動に参加していたそうです。 その時の出来事を話してくれました。 Rayは、もともと環境問題の解決方法を学ぶために環境に強い大学へ行きました。 そして、一人の友人との出会いがありました。 その友人の祖国は、将来海に沈むとされているモルディブでした。彼は、祖国を守るために環境問題を学びに来ました。 そして入学から1年後、Rayは、彼と同じタイミングで自身の通う大学が気候変動の大きな原因である石炭産業に投資していることを知りました。   環境問題を解決するために通っている大学が、それを悪化させている。 友人や彼の子供の祖国は海に沈み、帰る場所が無くなってしまう。 そう知った時、Ray はショックで仕方ありませんでした。... (詳しく)
Divestment East Asia Fossil Fuels Uncategorized

未来の選択:セヴァン・スズキと過ごした時間

5月8日の母の日、みなさんはどのように過ごしましたか? 350 Japanチームは明治学院大学で、「セヴァン・スズキのBe the Change ツアー@ 東京〜ミライノセンタク〜」をナマケモノクラブとの共催で開催しました! 1992年に12歳の若さでブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された地球環境サミットに「Environmental Childrens’ Organization」の代表として参加し、今でも語り継がれる「伝説のスピーチ」を披露したことでセヴァンさんは一躍有名となりました。現在も「環境文化活動家」として積極的に活動を続ける傍2児の母親でもある彼女からどんな話しを聞けるのか、イベントが始まる前からとても楽しみでした! ≪イベント当日もセヴァンの伝説のスピーチが上映されました。≫ 第一部のスピーチの中では、セヴァンは環境活動と共に歩んだ人生や、環境活動に対する自らの考えについて語っていました。1時間に及んだお話しの中で、彼女は何事についても自分で「知ること」、そしてそれに対して自分で「選択する」ことの大切さを何度も訴えていました。 今やインターネットで世界が繋がっているため、同じ思想の仲間や賛同者を見つけることや気候変動や原発問題など、地球が抱えるあらゆる問題について情報を得やすい時代になりました。 地球の環境において、セヴァンは私たちが今「選択すること」が未来世代に大いに影響を与えるからこそ、私たち自身が自ら「Be the Change」、つまり変化を導かなければならないと強く呼びかけていました。12歳でリオでスピーチをした当時は、自分の将来への不安を訴えれば、世界のリーダーたちが不安の原因となる問題を解決しくれると思っていたことを振り返っていました。「大人になり、そして二人の子どもを持つ今、自分が動かなければ何も始まらない。自分は子どもたちのために活動をし続けている。」と話す彼女はとてもしっかりと足を据えていて、眩しかったです。 日本での「ダイベストメント」キャンペーンについても多大な期待を寄せてくれました。ダイベストメントは、お金の流れを変えることでより良い未来を構築できる手段として、個人レベルでも参加でき、そして社会全体の経済構造を変えることができる運動だと共感してくれました。 セヴァンが言う通り、ダイベストメントは化石燃料や原発に依存しない持続可能な社会のために、現在の社会のお金を流れについて自ら「知り」、そしてそれを変えるための「選択」を個人やグループですることから始まる活動です。 日本の銀行、保険会社、年金基金や公的機関などに所属している機関投資家に、化石燃料及び原発関連企業への投融資を停止・撤退し、自然エネルギー開発へと転換することを推奨する「ダイベストメント声明」も一人ひとりが取れるアクションとして紹介していただき、多くの人からに賛同していただけしました。 まだ声明文をご覧になってない方ははぜひご一報ください!!http://act.350.org/sign/divest-japan/ 今後350.org Japan は、個人レベルで取り組めるダイベストメントとして、自分の銀行がどのような投資・融資を行っているかを知った上で、持続不可能な化石燃料や原発関連企業に投融資を行っていない銀行を選択する、Change Your Bankキャンペーンを展開していきます。今から日本の主な銀行や信用金庫の投融資状況を調査し、7月までにはその情報を公開したい考えています! ご興味がある方は350.org JAPANのメールマガジンにご登録していただければ、定期的にキャンペーン・アップデートをお送りいたします。登録はホームページからお願いします。>> http://350.org/ja/ ≪セヴァンさん家族、ナマケモノクラブ、ピースボート、パルシステムのイベントスタッフと集合写真!≫ 日本でのダイベストメントキャンペーンについてセヴァンより励ましの言葉をもらい、本当に光栄でした。未来に良い変化をもたらすために、これからさまざまな活動を通して、ダイベストメントを日本で広めてていきたいと思います!これからも 350.org Japan をよろしくお願いします。 当日の写真は350 JapanのFacebookページにあるイベント・アルバムからアクセスできます:http://bit.ly/1T7800v (詳しく)
Divestment East Asia Fossil Fuels Powershift Renewable Energy

アースデイ東京2016を経て

350.org Japan チームは、たくさんの方々の笑顔に囲まれ、アースデイ東京の2日間を無事終えることができました。 今回の注目イベントといえばやはりトークセッション。 一日目の渋谷区長とのセッションでは、世界195カ国が合意した「パリ協定」を紹介し、これを達成するために世界各国で行われている地球温暖化防止のための政策や市民運動などを取り上げ、様々な視点から温暖化問題について話し合いました。渋谷区としてこの問題にどう取り組めるか、パネルからは「渋谷区のダイベスト」や「渋谷区で自然エネルギー100%のコミュニティ空間を作る」などのアイディアが出ました。観客の方からも「渋谷のハロウィンキャンドルナイトにする」という面白い提案もいただきました。 最後には渋谷区長から「アースネイティブ宣言」をいただき、アースキッズも参加して記念撮影!渋谷区長のアースネイティブ宣言は「初心を忘れず、環境アクションを起こす!」でした。 ≪楽しい雰囲気の中トークを終了することができました。みなさんの笑顔が素敵です!≫ 二日目は豪華パネリストを招き、「金融リスク X 地球温暖化:ダイベストメントってなに?」をお届けしました。こちらのセッションでは、最近世界で話題になっている地球温暖化によって生じる経済へのリスクや、ダイベストメント運動について深く広く議論しました。最後は日本ではなぜ取り組みが遅れているのか、また現在の状況をどう変えることができるのか、について熱いディスカッションが繰り広げられました。 350 Japanとして地球温暖化対策としてのダイベストメントを広めていきたいと思います。先日発表した「ダイベストメント声明」をまだご覧になっていない方はこちらのURLにアクセスしてみてください:http://act.350.org/sign/divest-japan/ 「ダイベストメント声明」に続けて、これからは持続可能な投融資をしている銀行の調査を行い、みんなでより良い銀行を選択する「Change Your Bank」キャンペーンも展開する予定です。 ≪左から国際青年環境NGO ASEED JAPAN 共同代表土谷和之さん、株式会社ニューラル代表夫馬賢治さん、350.org Japan 古野シン、国立環境研究所地球環境研究センター温暖化リスク評価研究室室長江守正多さん、350.org Japan 清水イアン≫ トークセッションの録画はこちらのURLよりご覧になれます:http://bit.ly/1TBBZur 今回、トークセッションと並んで大きな注目を浴びたのが、アースマン。ついに今年初めての!たくさんの人とハグをしながら熊本地震支援の募金を集めたり、アースデイ with マイケルさんのステージに上がって踊ったりと、アースデイ東京をの盛り上げに大きく貢献してくれました!ハグした人にアースネイティブ宣言をしてもらうことで、「地球のために何ができるのか?」を考えてもらいました。 ≪マイケルと同じくらいイケテル!?アースマン!≫ 一番感謝すべきなのは、なんといってもボランティアで参加してくれた人たち!一生懸命ダイベストメントについてブースで説明をしてくれたり、アースマンと会場を歩き回ってくれたり、場を活気づけてくれたのはボランティアのみなさんでした。みなさんほんとうにありがとう!そして次回もまた一緒に楽しみましょう。 ≪私たちの活動は皆さまサポーターのおかげで成り立っています。これからもぜひ350.org Japan をよろしくお願いします!≫ (詳しく)
Divestment East Asia Powershift Renewable Energy

350の科学的根拠

350ppmの意味を知るには、また地球を350以下へと戻すためにグローバルムーブメントを私たちがが必要としている理由。
もっと詳しく知る

気候運動の動画

グローバルな気候変動問題に取り組む草の根ムーブメントの成長を記録した素晴らしい動画の一部をご覧ください。
動画を見る

リソース

多数のリソースが使用できます ー ガイド、テンプレートプレゼンテーション写真フォントアイコン、その他。 さらに、私たちのストアでは、Tシャツ、ステッカー、その他のレディメイドマテリアルを購入することができます。 ご覧ください!