G7 LEADERS SUMMIT | 19-21 MAY 2023

🇯🇵 岸田首相、アジア・

世界の化石燃料に資金提供しないで!

SIGN THE PETITION

The 2023 G7 Leaders Summit is an opportunity to mobilize international pressure on the Japanese government to stop financing fossil fuels and promoting false solutions. After resisting commitments to phase out fossil fuels at COP26 (the only G7 country to do so), Japan finally committed to phasing out unabated fossil fuel projects at last year’s G7 meeting.

However, Japan recently launched an intense strategy to advance its “green transformation” and Asia energy transition initiatives. Japan is promoting fossil gas as a transition fuel and is driving the expansion of fossil fuel-based technologies such as ammonia-coal co-firing, hydrogen, and carbon capture and storage (CCS). This strategy would block the renewable energy transition, undermine energy security, and worsen the climate crisis.

Hosting the G7 summit is a moment of national pride for Japan – it’s our chance to challenge them. Japan is the world’s top financier of fossil fuels and is promoting false solutions prolonging the use of fossil fuels when we should be phasing them out immediately.

In 2022, the G7 agreed to decarbonize by 2035, with coal phase-out by 2030 and fossil-fuel vehicles phase-out by 2035. But Japan won’t give up fossil fuels and is determined to export outdated fossil fuel technologies and rebrand them to “less developed” Asian countries in the name of development.

This is a betrayal to Japan’s role as G7 lead and to its fellow Asian countries and communities that have already lost lives and livelihoods to forced evictions, pollution, and climate-induced disasters. All of Asia deserves to breathe clean air, to be safe from heatwaves, floods and rising sea levels, and to live free from the fear of eviction brought by Japanese-funded fossil fuel projects.

The G7 cannot afford to backslide on its commitments in 2022, and Japan’s attempt to block a clear timeline for coal phase-out and push false solutions risk running the people and the planet over the cliff of climate catastrophe.

As this year’s summit president, Japan can demonstrate its leadership in raising ambition among the G7 and Asian countries. This means a full stop to Japanese financing of fossil fuels in Asia and everywhere.

This campaign is powered by:

参加する

🇯🇵 岸田首相、アジア・世界の化石燃料に資金提供しないで!

2023年5月に広島でG7サミットが開催されます。世界経済が直面している、気候危機や民主主義をはじめとする地球規模の課題を各国首脳が議論する予定です。

G7広島サミットでは、科学的根拠に基づいて気温上昇を1.5℃以下に抑えるために、脱炭素社会の実現に向けた決断が求められています。

しかし、議長国である日本政府は、決定的に重要な2030年まで、そしてそれ以降も化石燃料の使用を続け、「開発」という名目で、時代遅れとなる化石燃料技術をアジア諸国に輸出する方針です。

これまでにもアジア等の国々における化石燃料事業によって、住民の強制立ち退き、環境汚染、気候災害の被害が広がっている現実があります。

日本政府が、これ以上多くの石炭などの化石燃料事業に資金を提供しないように、再生可能エネルギーへの転換を明確にするように、世界とともに岸田首相に対して呼びかけませんか?

日本・アジア・世界の市民からの請願


宛先:日本政府


2023年5月にG7広島サミットが開催されます。世界的な経済大国が集まり、気候危機や民主主義をはじめとする地球規模の問題について議論する予定です。日本が今年のG7議長国であることは、政府に対して化石燃料の全廃を求める絶好の機会です。

日本政府は、気候危機対策にとって決定的に重要な2030年まで、そしてそれ以降も化石燃料の使用を続ける意向です。国内における石炭への段階的な廃止に反対し、さらに、国内外におけるガスへの投資も推進しています。日本政府は、「開発」と「国際協力」を名目に、グリーンウォッシングとも言える見せかけの化石燃料技術を、「開発が遅れているアジア諸国」に輸出することに固執しています。

この方針の唯一のねらいは、日本の衰退する化石燃料産業を救うことであるとみられます。アジアなどでは化石燃料事業により、多くの住民が立ち退きを強制され、環境汚染、気候関連の災害に苦しんでいます。この方針は、アジアや世界における気候危機や民主主義の危機をさらに助長しかねません。

私たちの要求は、「きれいな空気を吸いたい」「洪水の恐怖なく暮らしたい」「強制立ち退きの脅威から解放された生活を営みたい」といった、とても明確でシンプルなものです。

日本政府に、アジアおよび世界中の化石燃料への支援をただちにやめるよう求めます。

キャンペーン提供:

 
 

日本・アジア・世界の市民からの請願

こんにちは !

前回の連絡先情報が残っています。続けるには下のボタンをクリックしてください。

中止しますか ? ログアウト

このアクションを起こすことで、利用規約およびプライバシーポリシーにご同意いただいたものとみなします。登録はいつでも解除できます。

このアクションを起こすことで、利用規約およびプライバシーポリシーにご同意いただいたものとみなします。登録はいつでも解除できます。

Latest updates

G7 Hiroshima Summit: Global Week of Action Wrap-up

The G7 governments are at a crucial point where they must decide whether to maintain the current state of pollution and climate emergency, or pave the way for a fossil-free economy that benefits everyone.

Doraemon is back from the future

Together with Filipino climate activists, the robot cat reminds Japan of its commitment to real climate action

JOIN THE GLOBAL WEEK OF ACTION | 8-14 MAY 2023

Join our creative, collaborative action to demand a better future for all. Watch this space for upcoming details on how you can get involved where you are.

KOI NOBORI SIGN UP

FacebookTwitter